多汗症 原因

多汗症の原因

多汗症の原因は、まだ、はっきりとは解明されていません。
一般の人々は、体温調節のために、意外と多くの場面で、汗をかいています。
多汗症だと決めつけてしまうには、難しいのですが、気温や体温に関係なく
汗が出るような場合は、多汗症の可能性があります。

 

多汗症原因には、精神的なこととの結びつきが強いのです。
あまりのストレスや緊張により、自律神経のバランスが崩れ、
さらに汗腺の働きが活発化し、発汗を促す結果となります。

 

手のひら・顔・頭部・足・足の裏などの汗は、自律神経の一種である、
交感神経の刺激によって、発汗されます。

 

 

実際に多くの症例では、精神的なことが原因で多汗症になった人が多いとわかっています。

 

そのような人達には、ある共通した症状があります。
学校や会社では、また通勤や通学の途中では症状が出てるのに、
自宅への帰宅途中や家の中では、全く症状がでないという特徴があるのです。

 

こういった特徴からもわかるように、かなり精神的なことが影響しているといえます。

 

神経質で几帳面な性格の人、完璧主義者や潔癖な人、自己抑制の傾向のある人、
何事に対してもネガティブでマイナスに考えてしまう人などが、多汗症に陥りやすいといえるでしょう。

 

あまりストレスをためず、何事にも、前向きに物事を考えるようにしましょう。

 

7日間多汗症改善プログラム

多汗症,原因

 

【7日間多汗症改善プログラム】

 

たったの7日間あることをするだけで

 

べたべたする汗も、周りも気にならなくなる

 

あなたの多汗症の悩みを改善する方法

 

 

多汗症専門アドバイザーが教える

 

根本的改善を体にやさしい方法で治す治療法

 

 

≫詳しくはこちらをクリック!≪

 


多汗症の原因関連エントリー

多汗症の症状
想像以上に汗が出る多汗症。症状がでると臭いなどに対して緊張感が高まり、さらに悪化することも多い悪循環が特徴の一つです。
多汗症の予防
多汗症の原因のキーワードである、ストレス・緊張といった精神的な負担を抑えることが予防になります。多汗症の予防と治療には、交感神経を刺激しないように精神的な緊張をさせないことが重要です。

婚活