多汗症 治療 精神分析療法

精神分析療法

取り上げた精神分析療法は、多汗症治療のための方法ではありませんが、
汗が出る症状を原因から改善して治せることが多いのでおすすめします。

 

 

精神分析療法は、20世紀初頭、オーストリア ウィーンの神経学者ジークムント・フロイトによってはじめられました。
心理的な問題を抱える人の心を理解する為の方法を考えだしました。

 

精神分析は、一般の心理療法とは異なります。
心理療法は、ある特定の問題に対して手助けしていき解決していくのですが、
精神分析療法は、人の心のうちを理解していく治療法です
人の考え方や行動は、意識しないうちになされているものですが、
このことを意識化し過去にあった出来事など、話を聞き悩んでいることを引き出して、
悩みから開放されるように治していく療法です。

 

 

精神分析療法の伝統的な判りやすい例としましては、
見た事のある映画の場面で、患者が椅子やベットに横たわり、
その後ろで精神分析医が立ち、患者の思っていたことや、自由に心に浮かんだことを話してもらいます。

 

このことを、自由連想法といいます。
また、夢の中の出来事など聞いたりと、患者の心のうちに迫っていき、問題解決へと導いていくのです。

 

 

精神分析法を用いない場合でも、たとえば、カウンセリングでも、
フロイトの考え出した精神分析療法の概念というものは、知っておく必要があります。

 

 

多汗症自体、精神的なことが引き金になって、症状となることが多いのですが、

多汗症,治療,精神分析療法

 

【7日間多汗症改善プログラム】

 

たったの7日間あることをするだけで

 

べたべたする汗も、周りも気にならなくなる

 

あなたの多汗症の悩みを改善する方法

 

 

多汗症専門アドバイザーが教える

 

根本的改善を体にやさしい方法で治す治療法

 

 

≫詳しくはこちらをクリック!≪

 


精神分析療法関連エントリー

ボトックスで多汗症を治す
内科的治療法であるボトックスによって多汗症を治療する方法を紹介します。ボトックスは、ボツリヌス菌を注射することで、交感神経を麻痺させ汗の発汗を抑えます。効果期間に限りがありますが、精神的な要因の場合は、完全に治る場合がある方法です。
精神的多汗症
精神的多汗症とは、ストレスなどの精神的な要因によって症状が発症することです。効果的な治療法としては、ストレスなどを取り除くことで多汗症も治るケースが多いので、最も効果がある方法は、一時的にでも多汗症の症状を抑えることが効果があります。

婚活