多汗症 治療

多汗症の治療

多汗症の治療には、3つの治療方法があります。

 

内科的療法・精神療法・手術療法ですが、
もし、病院の医師による診断で多汗症であることを告げられたとした場合は、
適切な治療方法を医師とよく相談したうえで決定されたほうがいいでしょう。

 

 

多汗症といっても、人に。よって症状も程度も異なるので、治療の仕方も違ってきます。

 

 

内科的治療は、薬による治療法です。
薬が全身からだ中を駆け巡るわけですから、副作用も気になりますが、
一番、一般的で身近な治療法でもあります。

 

 

精神治療法は、心の問題ですので、自分自身と向き合うなど、難しいことでもあります。
内科的療法や手術療法のように、目に見える確実な効果がわかりにくいという側面があります。

 

 

手術的治療法においては、多汗症の解決に、これほど確実な方法はないといえます。
ただ、身体的負担は計り知れません。
汗の発汗作用を促す交感神経を切除して汗の分泌を抑えるわけですから、
身体的負担を覚悟しなければならないのです。

 

 

いずれの方法をとるかは、信頼のおける病院の医師とよく相談したうえで、
自分の症状の程度にあった治療方法を選ぶことが大切です。

 

多汗症の治療エントリー一覧

ボトックスで多汗症を治す
ボトックスは、多汗症の内科的治療法ボツリヌス菌を患部に直接、注射器で注入する方法です。交感神経を切断する手術や神経焼杓術などの方法もありますが、そこまですることもないという人に、ボトックス注射によって、交感神経の働きを麻痺させて、汗の発汗作用を遮断させる方法です。永久的に多汗症が治るものでなく、間隔をあけて治療を継続していく必要があります。効果が持続するのは、約半年〜一年くらいです。多汗症の患者さんの中には、ボトックス注射、一回の治療で治ってしまったという例があります。この患者さんの場合は、精神...
精神的多汗症
多汗症自体、精神的なことが引き金になって、症状となることが多いのですが、精神的多汗症の人は、多汗症になる以前から精神的に大きな問題を抱えている場合があり、心の問題で治るまでには、かなりの時間がかかります。精神的多汗症に対処していくのには、たいへん難しいことがあります。本人でさえ気づかないうちに、自分自身が多汗症であることを精神的に思いつめ、多汗症の症状が悪化していく場合があるからです。多汗症であると思いつめ対人恐怖症におちいり、ついにはうつ病になる人もいます。近頃の傾向では、うつ病になってしまう...
精神分析療法
取り上げた精神分析療法は、多汗症治療のための方法ではありませんが、汗が出る症状を原因から改善して治せることが多いのでおすすめします。精神分析療法は、20世紀初頭、オーストリア ウィーンの神経学者ジークムント・フロイトによってはじめられました。心理的な問題を抱える人の心を理解する為の方法を考えだしました。精神分析は、一般の心理療法とは異なります。心理療法は、ある特定の問題に対して手助けしていき解決していくのですが、精神分析療法は、人の心のうちを理解していく治療法です人の考え方や行動は、意識しないう...

婚活